【EV・PHEV】2019年に新たに発売が予想される電気自動車

掲載日:2019年1月28日

2018年に電気自動車(EV)および、プラグインハイブリッド車(PHEV)の累計保有台数は20万台(推定)を超えました。ここ数年、ほぼ毎年のように新たな車種が各社から投入され、また、モデルチェンジが行われ、EV・PHEVのラインナップは増えてきています。そのラインナップに、今年はどのような車種が加わるのでしょうか。

本日のコラムでは、今年、新たに発売が予想されるEV・PHEVについて、見ていきたいと思います。

1. 日産リーフ e+(2019/01/23発売開始)


年明け早々に発表された、電池容量を増加した「日産リーフ e+」。電池容量はこれまでの40kWhから62kWhへ、およそ1.5倍となりました。これに伴い、航続距離はいよいよ500kmを突破(JC08モード)。実運用時に近いとされる走行モードであるWTLCモードでの計測値でも、458kmの航続距離となりました。

電池容量について、初期型の日産リーフから並べると、24kWh、30kWh、40kWh、62kWhと、数年ごとに電池容量が増量されたモデルが投入されていることになります。

また、CHAdeMO急速充電は最大100kWに対応、モーター出力も初期型が80kW、モデルチェンジ後のリーフが110kWであったのに対し、e+では160kWに増強されています。EVはガソリン車よりあらゆる面で優れた自動車、とされる時代がいよいよ近づいてきたと言えるかもしれません。

▲日産リーフ e+(出典:日産自動車ウェブサイト)

2. 日産 デイズ/三菱自動車 ek


一昨年頃より期待されてきた、NMKV(日産と三菱自動車の合弁会社)による軽自動車EV。三菱i-mievの後継車としての位置づけも想定されており、満を持して今年、リリースが行われる可能性があります。

と言いますのも、既に一部WEBサイトにおいて、日産デイズのフルモデルチェンジ車の試運転の様子が撮影されており、この車体を用いたEVシリーズの投入が想定されているためです。初期のi-mievについては、一部10年以上を経過している車種も出始めていることを考えると、一定の置き換え需要もあるのかもしれませんね。

EVの普及を促すためにも、比較的安価な価格でのEV販売も期待したいところです。

▲日産デイズ(※現行ガソリンモデル)(出典:日産自動車ウェブサイト)

3. テスラ モデル3(2019年納車開始)


米国では2017年より納車が始まったテスラ「モデル3」。ただ、工場の立ち上がりが予想以上に遅れ、本格稼働は2018年の第3四半期となりました。これに伴い、米国ではいよいよ本格納入が始まったようです。そして、日本でも2019年、納車開始が期待されます。

ただ、モデル3はカタログ上、35,000米ドル(日本円で390万円程度:1ドル=110円換算)からの値付けがされていますが、実際に納車が行われているのは44,000米ドル以上の車種に限られているようで、最も手ごろな価格帯の車種がいつ頃から納車開始するのかは、不透明なままです。

▲テスラ モデル3(出典:テスラウェブサイト)

4. Audi Q2 L e-tron


昨年11月、AUDIは同社SUVシリーズのQ2に、EVモデルとなるAudi「Q2 L e-tron」を追加し、2019年に発売すると発表しました。AUDIは既に、「e-tron」と名付けられたEVのほかに、A3シリーズのPHEV「A3 Sportback e-tron」を発売しています。これらに続き、今回市場投入するEVは、同社初のSUVタイプEVとなります。

アウトランダーPHEVが切り拓いてきた、電動SUVという分野ですが、既に、テスラ「モデルX」、ジャガー「I-Pace」が加わり、また、メルセデスベンツから今年「EQC」の発売が予定されています。LEXUSからもEVがリリースされる噂もあり、今後、ますますホットな市場ととなりそうですね。

▲AUDI W2 L e-tron(出典:AUDIウェブサイト)

5. メルセデスベンツ EQC


メルセデスベンツは昨年9月、同社初のSUVタイプEV「EQC」を発表しました。同社日本法人の社長によると、年内に投入するとのコメントを出しており、2019年の発売開始が濃厚な状況となっています。運転席の表示計器類は全てデジタルとなり、横長の大きな画面が特徴です。
EQブランド初のEVとして、高級車を購入する顧客層に訴えかける車種にもなりそうです。

▲メルセデスベンツ EQC(出典:メルセデスウェブサイト)

その他、2020年以降


その他、2019年より生産が開始され、2020年早々に発売が予定されている車種についても、いくつかご紹介します。

BMW傘下のMINIは、同社初のEVを2019年より生産すると発表しています。現行の3ドアタイプ「ミニクーパーS」をもとに、EV化するものとみられ、航続距離も300km程度になると予想されています。既にMINIからは、「ミニクーパーSEクロスオーバー ALL4」と呼ばれるPHEVが発売されており、同社のプラグイン車両としては2車種目となります。
人気のあるミニクーパーですので、期待ができそうです!

▲MINI Electric(出典:MINIウェブサイト)


最後にご紹介するのは、フォルクスワーゲンのI.D.シリーズです。フォルクスワーゲンは、ディーゼル排ガス不正問題後、急速にEV化、PHEV化を進めてきました。そして、EV化戦略において満を持して発売するのがI.D.シリーズとなります。

I.D.シリーズにはセダンタイプ、SUVタイプ、ワゴンタイプなど、様々な車種が考えられており、これらがどのような形でラインナップされていくのかは、まだ不透明なところもあります。ただ、2025年にはEVのラインナップを20車種に増やすとのことであり、I.D.シリーズがその起爆剤になるものと思われます。世界販売台数首位の同社の戦略は、他社にも影響を与えるでしょう。自動車のEV化、電動化をけん引していってほしいと思います。

▲フォルクスワーゲン I.D.シリーズ(出典:フォルクスワーゲンウェブサイト)

以上、2019年に新たに発売が予想されるEV、PHEVを特集しました。結果的にEVが多くを占めましたが、PHEVのラインナップも増えていくと予想されます。今年のEV・PHEV市場も面白くなりそうです!

●参考ウェブサイト:
-Hottest New Electric Cars, SUVs & Trucks Coming In 2019-2020(Inside EVs)

この記事に対するコメント

結局新型スマートEDは日本では販売されないのか?

投稿日時 2019年2月5日 00:41  nukochin

nukochinさま
GoGoEV事務局です。コメントありがとうございます。
Smart fortwoおよびforfour のED(2017年バージョン)は、未だに日本で発売されていませんね。forfourは米国でもは販売されていないようです。
日本で発売されるとの情報も聞いておらず、前のモデルがあまり売れなかったからかもしれませんが、残念です。

投稿日時 2019年2月11日 22:29  evadmin

この記事にコメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインする

2019年2月11日

【EV】HONDAが今年発売予定のEV試作車を3月に公開

先月23日、HONDAは今年3月にスイス・ジュネーブで行われるモーターショーで、2017年にフランクフルトモーターショーおよび東京モーターショーで公開した電気自動車(EV...

2019年2月4日

【EV/PHEV】電気自動車・プラグインハイブリッド車の普及状況(2018年12月時点推定)

電気自動車(EV)ならびにプラグインハイブリッド車(PHEV)等の次世代自動車や、充電スタンドへの補助施策を実施する(一社)次世代自動車振興センターでは、EV・PHEV...

2019年1月28日

【EV・PHEV】2019年に新たに発売が予想される電気自動車

2018年に電気自動車(EV)および、プラグインハイブリッド車(PHEV)の累計保有台数は20万台(推定)を超えました。ここ数年、ほぼ毎年のように新たな車種が各社から投...

2019年1月14日

【GoGoEV】GoGoEVコラム総集編~2018年、皆様によく読まれた記事〜

2019年もあっという間に2週間が過ぎ、成人の日を迎えました。エンジンがいよいよかかり始めたという方もいらっしゃるかもしれません。今年は暖冬と言われていますが、イ...

2019年1月7日

【EV中古車】中古EVの価格調査(2019年1月7日調査)

明けましておめでとうございます。GoGoEVコラムをいつもご覧下さり有難うございます。 さて、GoGoEVでは電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHEV)の中古車...

2019年1月1日

2019年 新年のご挨拶

新年、明けましておめでとうございます。 2018年も電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド車(PHEV)ユーザーの皆様、また、関係者の皆様には、GoGoEVをお支え頂き...

2018年12月31日

【充電スタンド】2018年の充電スタンド設置状況を振り返る

2018年も今日で最後となりました。ここ2年ほど、充電スタンドの登録数の増加状況も落ち着いている状況が続いていますが、それでもなお、微増となっています。本年最後の...

2018年12月24日

【EV】いよいよLEXUSからもEV発売!?

今月11日、トヨタ自動車が、欧州各国の知的財産権を扱う部署に対し「Lexus UX300e」もしくは「UX300e」という商標を申請し、一部登録されたことがわかりました。既に、...

2018年12月17日

【充電スタンド】2018年版・都道府県別充電スタンドランキング

GoGoEVでは登録されている充電スタンドについて、都道府県別での表示も行っています。200V普通充電スタンドおよびCHAdeMO充電スタンドを合わせた数は、東京都が最も多く...

2018年12月3日

【EV向け電気】CO2フリー電気ってどういうこと?

先月15日、中部電力、トヨタ自動車、トヨタオートモールクリエイト、野村総合研究所は共同で、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHEV)向けに、CO2フリー電...

EV関連コラム一覧