【未来のクルマ】スロバキアのベンチャー企業が開発する空飛ぶクルマ

掲載日:2018年11月12日

東ヨーロッパのスロバキアの自動車ベンチャーAeromobil社をご存知でしょうか?およそ4年前のGoGoEVコラムで取り上げて以来、しばらくノーチェックだったのですが、久しぶりに同社のことを耳にすることがありました。聞くところによると、いよいよ受注を開始したとのこと。

そこで本日のGoGoEVコラムでは、電気自動車ではありませんが、未来のクルマということで、Aeromobilを取り上げたいと思います。

●GoGoEV関連コラム:
-【未来自動車】空飛ぶ自動車の開発進む!(2014年11月17日付)
-【未来自動車】未来の車 開発進む!(2013年10月30日付)

Aeromobil社はもともと、1990年代より空飛ぶクルマの開発を始めたといわれていますが、同社のWEBサイトによると、法人として活動を始めたのが2010年とのことです。その後、初めて世に出てきたのが「AeroMobil2.5 」でした。

このプロトタイプの自動車が飛行する様子がYoutubeで公開され、同社の名は一気に知られるようになります。

▲AeroMobil2.5 (出典:AeroMobil社ウェブサイト)

その後、AeroMobil2.5を改良したのが「AeroMobil3.0」でした。こちらは2014年10月にファーストフライトを行いました。以下の動画は2015年3月23日の試験飛行時の映像ですが、グライダーなどが使用する、滑空場のような滑走路から飛び立ち、畑や街の上を飛んで、戻ってくる様子がわかります。

また、車体後方についたプロペラが推力を生み出し、まさに滑空するように飛んでいるようにも見えます。なお、AeroMobile2.5は2人乗り、全長6m、全幅8.3m(翼を広げた場合)、2.2m(翼を閉じた場合)とのことで、最高速度は滑空時200km/h、地上走行時260km/hだそうです。

▲AeroMobil3.0の飛行の様子(出典:Youtube)

そして、これまでの試作機の実験で積み重ねてきた知見を活かし開発し、また、いよいよ販売されるのが、「AeroMobil4.0」となります。定員は3.0に対して4人に増加しましたが、全長は6mと変わっていません。ただし、全幅は8.8m(翼を広げた場合)、2.2m(翼を閉じた場合)と、若干変わっています。また、航続距離は750km、飛行速度は360km/hに大幅増加しています。

そして気になるお値段は、なんと、120~160万ユーロ、日本円で1億6千万円(1ユーロ=130円換算)からとなっており、納車は2020年となっています。もしかすると、超高級車を買うようなセレブ層からすれば、空を簡単に飛べると考えれば、決して高くないのかもしれません。なお、地上走行モードから飛行モードに変換するには3分程度かかるようです。

▲AeroMobil4.0(出典:Youtube)

その一方、世界では、ドローン技術の進歩などにより、空飛ぶタクシーなどのサービスが生まれようとしています。そのような中、市販される空飛ぶクルマとしてはAeroMobilは世界唯一かもしれませんが、更なる進化も期待したいところです。

そのような中、同社が開発を検討しているのがAeroMobil5.0であり、いよいよ電気自動車(EV)化した垂直離着陸型の空飛ぶクルマです。今後、2025年の納入開始に向け、開発が進められるようです。

▲AeroMobil5.0(出典:Youtube)

空飛ぶクルマ、本当に夢がありますね!次に本テーマを取り上げるのは2020年の納入時くらいかもしれませんが、着々と進展してほしいものです!日本でも走行(飛行?)する日が来るのを楽しみにしたいですね。

●参考ウェブサイト:
-AeroMobilウェブサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿がまだありません

この記事にコメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインする

2019年4月22日

【ゴールデンウイーク】10連休中の渋滞にご注意を!

電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド車(PHEV)ユーザーの方のみならず、多くの方は渋滞に巻き込まれてヤキモキしたことがあるのではないでしょうか。令和元年と...

2019年4月15日

【EV・PHEV】2018年に中国市場で売れた電気自動車

3月のGoGoEVコラムで、2018年の世界の電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド車(PHEV)の販売状況を見てみました。ノルウェーをはじめとする北欧各国が国内市場でEV...

2019年4月7日

【EVカーシェア】公用車・社用車を休日にカーシェアとして活用

自治体等が公用車として用いる自動車、また、企業が社用車として使用する自動車を、休日にカーシェア向け自動車として利用する動きが広がりつつあります。このアイデア...

2019年4月1日

【GoGoEV】5月5日より「GoGoEV」は「百十EV」に変わります!

エイプリルフールの今月1日、GoGoEVを運営する株式会社ゴーゴーラボ(代表取締役:宗像祐典)は、充電スタンド口コミサイト『GoGoEV』の名称を、今年5月5日より、百十EV...

2019年3月18日

【EV/PHEV】電気自動車・プラグインハイブリッド車の国別・メーカー別比較(2018年)

前々回のGoGoEVコラムでは、2018年の電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド車(PHEV)の世界販売について、車種別ランキングを掲載しました。それに続き、本日のコ...

2019年3月11日

【EV】ジュネーブモーターショーで公開された「Honda e」プロトタイプほか

今月5日、Hondaは、スイスジュネーブで行われているジュネーブ国際モーターショーで、今年秋に欧州で発売予定の新型電気自動車(EV)「Honda e」のプロトタイプを発表し...

2019年2月25日

【EV/PHEV】2018年に売れた世界の電気自動車ランキング

電気自動車(EV)およびプラグインハイブリッド車(PHEV)の2018年の販売データなどが一通り出揃い、昨年一年間の販売状況が見えてきました。EV・PHEVなど、充電が可能...

2019年2月18日

【EV】「こういうアイデア面白いなぁ」と思う電気自動車の充電方式5選

電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド車(PHEV)の充電を行う際、それらの電気がどのように作られているか、それほど強く意識することはないかも知れません。しか...

2019年2月11日

【EV】HONDAが今年発売予定のEV試作車を3月に公開

先月23日、HONDAは今年3月にスイス・ジュネーブで行われるモーターショーで、2017年にフランクフルトモーターショーおよび東京モーターショーで公開した電気自動車(EV...

2019年2月4日

【EV/PHEV】電気自動車・プラグインハイブリッド車の普及状況(2018年12月時点推定)

電気自動車(EV)ならびにプラグインハイブリッド車(PHEV)等の次世代自動車や、充電スタンドへの補助施策を実施する(一社)次世代自動車振興センターでは、EV・PHEV...

EV関連コラム一覧