【EV/PHEV】2021年のEV向けバッテリー市場:韓国メーカーが優勢な予測結果

掲載日:2018年10月15日

電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHEV)のコア技術の1つにバッテリー技術が挙げられます。バッテリーは、航続距離、充電、出力等の車の性能だけでなく、EV・PHEVで大きな割合を占める価格に直接的な影響を与えるため、各社が開発に鎬を削ってきました。
日本企業では、プリウスやテスラへの実績が豊富なPanasonicが、EV/PHEV向けバッテリーにおいて大きなシェアを確保してきましたが、ドイツのコンサルティングファーム「ローランド・ベルガー」の最新予測によると、今後は韓国および中国勢がシェアを伸ばすと考えられています。

そこで本日のコラムでは、EV/PHEV向けバッテリー市場の今後について見ていきたいと思います。

○GoGoEV関連コラム:
-【EV/PHEV】EVバッテリー市場〜王座Panasonicと覇権を狙う他メーカー〜(2015年8月28日付)
-【EV/PHEV】世界のEV・PHEV向けバッテリーメーカートップ10(2015年6月12日付)

まずはじめに、足元の状況を見ておきたいと思います。EVについての情報サイト「EV sales」が今年2月にまとめた2017年のバッテリー出荷量ベースでの各社のシェアは、1位Panasonic、2位BYD、3位LG Chemicalとなり、続いて、中国のバッテリーメーカーの雄、CATL(Contemporary Amperex Technology)がそれに続く結果となりました。

▲2016-2017EV向けバッテリー市場(出典:Inside EVs)

市場全体としては、前年比で+70%と驚異的な成長をしており、各社はこぞって大規模な電池工場の建設に踏み切っています。Panasonicについては、テスラのEV販売が好調なことを受け、また、プリウスPHV向けにより生産が拡大しているとのこと、LG Chemicalについては、GMのEV、シボレーBolt向けバッテリーが好調とみられています。

これを受け、EV salesは、現在の中国市場の成長から見ると、2018年にはCATLがLG Chemicalを抜くのではないかと予想しています。

一方、自動車市場について長年の経験を持つドイツのコンサルティングファーム「ローランド・ベルガー」は、同じくドイツの自動車研究機関「fka」と共同で、「E-モビリティインデックス」という分析結果を2017年より公開しています。
E-モビリティインデックスでは、日本、米国、ドイツ、イタリア、フランス、中国、韓国の7ヵ国について、近い将来のEV・PHEV関連市場についての予測を行いました。

同分析の中で、例えば2021年までの7ヵ国におけるEV/PHEVの生産台数は、累計1400万台以上と見積もられ、うち680万台が中国で、米国で300万台、ドイツで220万台となると予測されています。とりわけ中国では、GoGoEVコラムでも何度か取り上げている通り、EVメーカーが急速に存在感を増してきており、新車販売の一角を占め始めると考えられます。

▲2021年までの各国におけるEV/PHEVの生産台数(出典:E-mobility Index 2018 - Roland Berger)

それに対するバッテリー市場シェア(出荷額ベース)は、中国と中国以外に市場が分けられ、中国市場ではCATLとBYDなどが中心となり、中国以外の市場では、LG Chemical、Panasonic、サムスン、SKイノベーションの4社が市場を支配するとみられています。そして、それらを合計すると、韓国LG Chemicalが1位、CATLが2位、Panasonicが3位と予想されています。

▲2021年時点のEV/PHEV向けバッテリー市場の各社シェア予測(出典:E-mobility Index 2018 - Roland Berger)

同じくローランド・ベルガーが分析した「E-mobility Index 2017/Q2」のレポートでは、2019年のバッテリー市場のメーカーシェア(出荷額ベース)を、1位Panasonic、2位LG Chemical、3位BYDおよびCATLと予測していました。これは、一番はじめに見た現状の延長に近かったと言えます。
すなわち、2021年頃には、現在、各社が建設を進めているバッテリー工場の稼働が、業界のシェアを変えてくると見ているのではないかと考えられます。

今後、日本においてEV/PHEVの生産を主力産業として育て、EV/PHEV大国として世界をけん引していくためにも、バッテリーメーカーの頑張りには期待したいですね!同時に、政府にもそのような政策を進めて頂くことを期待したいと思います。

●参考ウェブサイト:
-Battery Makers 2017: Panasonic & BYD Hold Majority Of Market (Inside EVs)
-Battery Makers 2017(EV sales)
-E-mobility Index 2018 - Roland Berger
-fkaウェブサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿がまだありません

この記事にコメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインする

2019年3月18日

【EV/PHEV】電気自動車・プラグインハイブリッド車の国別・メーカー別比較(2018年)

前々回のGoGoEVコラムでは、2018年の電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド車(PHEV)の世界販売について、車種別ランキングを掲載しました。それに続き、本日のコ...

2019年3月11日

【EV】ジュネーブモーターショーで公開された「Honda e」プロトタイプほか

今月5日、Hondaは、スイスジュネーブで行われているジュネーブ国際モーターショーで、今年秋に欧州で発売予定の新型電気自動車(EV)「Honda e」のプロトタイプを発表し...

2019年2月25日

【EV/PHEV】2018年に売れた世界の電気自動車ランキング

電気自動車(EV)およびプラグインハイブリッド車(PHEV)の2018年の販売データなどが一通り出揃い、昨年一年間の販売状況が見えてきました。EV・PHEVなど、充電が可能...

2019年2月18日

【EV】「こういうアイデア面白いなぁ」と思う電気自動車の充電方式5選

電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド車(PHEV)の充電を行う際、それらの電気がどのように作られているか、それほど強く意識することはないかも知れません。しか...

2019年2月11日

【EV】HONDAが今年発売予定のEV試作車を3月に公開

先月23日、HONDAは今年3月にスイス・ジュネーブで行われるモーターショーで、2017年にフランクフルトモーターショーおよび東京モーターショーで公開した電気自動車(EV...

2019年2月4日

【EV/PHEV】電気自動車・プラグインハイブリッド車の普及状況(2018年12月時点推定)

電気自動車(EV)ならびにプラグインハイブリッド車(PHEV)等の次世代自動車や、充電スタンドへの補助施策を実施する(一社)次世代自動車振興センターでは、EV・PHEV...

2019年1月28日

【EV・PHEV】2019年に新たに発売が予想される電気自動車

2018年に電気自動車(EV)および、プラグインハイブリッド車(PHEV)の累計保有台数は20万台(推定)を超えました。ここ数年、ほぼ毎年のように新たな車種が各社から投...

2019年1月14日

【GoGoEV】GoGoEVコラム総集編~2018年、皆様によく読まれた記事〜

2019年もあっという間に2週間が過ぎ、成人の日を迎えました。エンジンがいよいよかかり始めたという方もいらっしゃるかもしれません。今年は暖冬と言われていますが、イ...

2019年1月7日

【EV中古車】中古EVの価格調査(2019年1月7日調査)

明けましておめでとうございます。GoGoEVコラムをいつもご覧下さり有難うございます。 さて、GoGoEVでは電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHEV)の中古車...

2019年1月1日

2019年 新年のご挨拶

新年、明けましておめでとうございます。 2018年も電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド車(PHEV)ユーザーの皆様、また、関係者の皆様には、GoGoEVをお支え頂き...

EV関連コラム一覧