【EV中古車】中古EVの価格調査(2018年10月8日調査)

掲載日:2018年10月9日

2018年もいよいよ秋に入りましたが、このところ、台風や集中豪雨、また大地震など、自然災害に数多く見舞われています。被災されました皆様にお見舞い申し上げます。今後、少しでも復旧・復興が進むよう、祈念しております。

さて、GoGoEVでは電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHEV)の中古車価格をおよそ3ヶ月毎、定点調査しています。前回、前々回はそれぞれ、今年7月、4月の月はじめに調査を行いました。前回調査からまた3ヵ月が経過しましたことから、中古車価格調査を行いましたので報告いたします。

これまでの調査と同様、大手中古車検索サイトである、カーセンサー(http://www.carsensor.net/)およびGoo-net(http://www.goo-net.com/)の検索結果を用います。
ただし、カーセンサーおよびGoo-netの両方に同じ自動車が掲載されている場合もあります。従いまして、両方の合算が中古車市場の全体数とはなりませんのでご注意ください。なお、今回から型式を分けた表現とし、平均価格表示は取りやめました。

日産・リーフ(新型)


発売からおよそ1年たった新型「リーフ」も、中古車市場でも徐々に増え、3桁台の在庫となってきています。殆ど走行していない、新古車用のような自動車が多いことも変わっていません。日産の正規ディーラーや正規中古車販売店からの出品が多く、試乗車からの出品などではないかと想像できます。1泊2日無料で借りられるモニターキャンペーンも実施されているようですし、リーフの新車販売の動向も気になるところです。
・新車定価:251.7万円〜(補助金交付後、各種税抜き)
カーセンサー(掲載数:110台):247.0万円〜399.0万円(車両本体価格のみ)
Goo-net(掲載数:152台):255.0万円〜399.0万円(車両本体価格のみ)


日産・リーフ(旧型)


旧型「リーフ」の在庫状況としては、台数、価格帯ともに3ヵ月でほとんど大きな変化は見られませんでした。色やグレード、オプション仕様など、希望に応じて幅広い品ぞろえがあり、電気自動車のエントリーとしておススメと言えるでしょう。
・新車定価:223.8万円〜(補助金交付後、各種税抜き)
カーセンサー(掲載数:534台):39.8万円〜288.4万円(車両本体価格のみ)
Goo-net(掲載数:836台):36.0万円〜299.1万円(車両本体価格のみ)


日産e-NV200


前回調査ではバンタイプ、ワゴンタイプのいずれの在庫台数もゼロ台となっていましたが、今回の調査ではいずれも在庫が回復していました。ただし、カーセンサーおよびGoo-netのいずれも同車種が掲載されていますので、実質在庫台数は、バンタイプ+ワゴンタイプで5台という状況です。今年12月のe-NV200・40kWhモデルの発売予定に期待したいと思います。
●バンタイプ
・新車:286.0万円~(補助金交付後、各種税抜き)
カーセンサー(掲載数:3台):168.0万円〜182.9万円(車両本体価格のみ)
Goo-net(掲載数:3台):168.0万円〜182.9万円(車両本体価格のみ)
●ワゴンタイプ
・新車:394.2万円~(補助金交付後、各種税抜き)
カーセンサー(掲載数:2台):197.9万円〜259.9万円(車両本体価格のみ)
Goo-net(掲載数:2台):197.9万円〜259.9万円(車両本体価格のみ)


トヨタ・プリウスPHV(新型)


新型プリウスPHVの台数は前回調査時点より30台ほど減少し、価格も中心価格帯が250~300万円程度で安定してきました。また、低価格帯の在庫は随分と減っている印象を受け、価格次第では購入意欲が高い車となっていることが見て取れます。価格推移は在庫台数との兼ね合いもあろうと思いますが、電気自動車へ変えたくても少し心配な方には、新型プリウスPHVの中古車は、心理的にも性能的にも一番のおススメと言えるでしょう。
・新車定価:282.0万円〜(補助金交付後、各種税抜き)
カーセンサー(掲載数:376台):229.0万円〜398.0万円(車両本体価格のみ)
Goo-net(掲載数:372台):229.0万円〜419.0万円(車両本体価格のみ)

(出典:トヨタ自動車ウェブサイト)

トヨタ・プリウスPHV(旧型)


旧型プリウスPHVの価格の中心帯は100~150万円となっており、走行距離が多い場合には100万円を切る中古車も多々見受けられます。また、在庫数も前回からあまり変わっておらず、動きもあまり無いようです。三代目プリウスの中古車購入を考えている方には、ほとんど追加費用が必要なくプラグイン車を保有できますので、ガソリン車を購入しようと検討されている方で、プラグインにも興味あるという方は、是非、検討されてはいかがでしょうか。
・新車定価:なし
カーセンサー(掲載数:126台):79.0万円〜388.0万円(車両本体価格のみ)
Goo-net(掲載数:142台):65.0万円〜339.0万円(車両本体価格のみ)


三菱・アウトランダーPHEV


8月にモデルチェンジが行われたアウトランダーPHEV。外見はほとんど変わりませんが、性能などはグンと向上しています。ただ、自動車としての型式は同じのため、中古車検索サイト等での分類も、これまでの車種と一環して扱われており、区別することが難しい状況です。従って、GoGoEVコラムでも、同車種として整理します。
まず、参考までに前回からの平均価格推移を見ると、カーセンサーでは306.0万円、Goo-NETでは226.2万円と、いずれも3ヵ月前とほとんど価格に変動が出ていません。また、在庫台数はこの3ヵ月で80台程度増加し、半年で1.5倍程度の在庫台数になっていますが、それでも値崩れが発生していないのは驚きです。アウトランダーPHEVの今後の中古車市場での動きにも注目していきたいと思います。
・新車:313.0万円〜(補助金交付後、各種税抜き)
カーセンサー(掲載数:565台):137.0万円~478.9万円(車両本体価格のみ)
Goo-net(掲載数:524台):137.0万円~410.0万円(車両本体価格のみ)


三菱・アイ・ミーブ


この3ヵ月で、アイ・ミーブの中古車在庫台数はさらに大幅減(およそ半減)となり、在庫台数に限りが出始めてきました。ただ、調査した中古車検索サイトでの平均価格や中心価格帯は変わっていないのですが、高価格帯は中古車市場からほぼ無くなったような状況です。なお、参考ですが、カーセンサーでの平均価格は65.0万円、Goo-NETの平均価格は87.2万円でした。
・新車定価:197.4万円〜(補助金交付後、各種税抜き)
カーセンサー(掲載数:90台):38.0万円〜103.8万円(車両本体価格のみ)、平均69.8万円(5.8万円下落)
Goo-net(掲載数:77台):38.0万円〜119.8万円(車両本体価格のみ)、平均84.7万円(3.0万円上昇)


三菱・ミニキャブ・ミーブCD


ミニキャブ・ミーブ(バンタイプ)の中古車市場の動きも、この3ヵ月、大きく変わりました。過去半年でほとんど動きが見られなかったにも関わらず、在庫台数が10台以上減少、価格も30万円代のものは姿を消しました。また、新古車のような殆ど走行していないような中古車は数える程度しか見当たりません。貨物タイプでEVを選択する場合、ほぼ、ミニキャブ・ミーブ(バンタイプ)しか選択肢が無いことも、影響しているのかもしれません。
・新車:153.8万円〜(補助金交付後、各種税抜き)
カーセンサー(掲載数:34台):48.0万円~88.0万円(車両本体価格のみ)
Goo-net(掲載数:30台):49.0万円〜129.0万円(車両本体価格のみ)

三菱・ミニキャブ・ミーブ・トラック


ミニキャブ・ミーブトラックの中古車については、前回と変わらずの状況です。ただし、新車の製造も終了していますので、購入を検討されていらっしゃった方、おそらく最後のチャンスですよー!
・新車:なし
カーセンサー(掲載数:2台):69.8万円~85.0万円(車両本体価格のみ)
Goo-net(掲載数:1台):69.8万円(車両本体価格のみ)

BMW・i3


BMW i3の中古車市場での在庫台数は、前の3ヵ月からさらに減少し、半年以上減少傾向にあります。平均価格はカーセンサーで275.0万円、GOO-Netで232.8万円と、前回調査より上がりました。BMW車かつEVが200万円台前半で手に入るというのも人気の秘密かもしれません。ただし、市場に出回っている車種には変化がありますので、市場としては動きがあると言えそうです。
・新車:432.3万円〜(補助金交付後、各種税抜き)
カーセンサー(掲載数:15台):244.9万円~368.0万円(車両本体価格のみ)、平均304.0万円(33.5万円下落)
Goo-net(掲載数:11台):199.8万円~368.0万円(車両本体価格のみ)、平均230.9万円(7.2万円下落)


BMW・i8


BMW・i8は前回の調査より、数台、在庫台数が増えました。これまでほとんど動きが無かったことから、少々驚きです。殆どの中古車が走行距離わずかですので、ディーラーなどで取り扱われた試乗車ないしは展示車などが販売されているのではと想像されます。
・新車:1863.3万円〜(補助金交付後、各種税抜き)
カーセンサー(掲載数:24台):1180.0万円~2019.0万円(車両本体価格のみ)
Goo-net(掲載数:25台):1180.0万円~2019.0万円(車両本体価格のみ)、平均-万円


スマート・フォーツーエレクトリックドライブ


スマート・フォーツーエレクトリックドライブは前回より若干、在庫台数が増加しました。ただ、値段は随分と下がりました。日本での発売が2013年ですので、少しベテラン車種と言った印象も受けるため、なかなか販売が進まないのかもしれません。
・新車:なし
カーセンサー(掲載数:5台):99.9万円~109.0万円(車両本体価格のみ)
Goo-net(掲載数:8台):95.0万円~190.0万円(車両本体価格のみ)

テスラ・モデルS


テスラ社の主力モデルSの日本での中古車は、この3ヵ月でも大きく動いた印象を受けます。在庫台数自体は前回とほとんど変わりませんが、3ヵ月前と在庫になっている車種が大きく変化しています。また、高パフォーマンスのP100Dから、比較的安価な85Dまで在庫があり、テスラ車に興味があって、仕様が合う方には、中古車はおススメと言えるでしょう。
・新車:760.0万円~(補助金交付後、各種税抜き)
カーセンサー(掲載数:15台):675.0万円~1390.0万円(車両本体価格のみ)、平均930.0万円(132.0万円上昇)
Goo-net(掲載数:17):599.0万円~1578.0万円(車両本体価格のみ)

テスラ・モデルX


テスラのモデルXも徐々に在庫台数が増えてきました。ただ、前回調査時に在庫としてあった7人乗りタイプは既に売れてしまったようで、今回は、75Dおよび90Dタイプがラインナップされています。ただ、いずれも1000万円以上と、モデルSに比べてもまだまだ高価ですね。
・新車:923.9万円~(補助金交付後、各種税抜き)
カーセンサー(掲載数:2台):1080.0万円(車両本体価格のみ)
Goo-net(掲載数:1台):1248.0万円(車両本体価格のみ)

テスラ・ロードスター


前回調査以降、在庫台数0台となっていたロードスターですが、今回の調査でも在庫はゼロとなりました。本調査を開始して以来、前々回4月の調査時点まで在庫があったのですが、もう、中古車市場に出回ることはないのかも知れません。次回もゼロとなれば、項目から削除したいと思います。
・新車:なし
カーセンサー(掲載数:0台)
Goo-net(掲載数:0台)

フォルクスワーゲン・Golf GTE


前々回調査より追加したフォルクスワーゲンのプラグインハイブリッドモデル「Golf GTE」ですが、前回調査時点に比べ在庫台数がさらに30%減少しています。ただ、中心価格帯は250~290万円前後と若干下がっており、価格が下がったことで購入が増えたのかもしれません。当面は、在庫減少フェーズが続くかもしれませんね。
・新車:414.2万円〜(補助金交付後、各種税抜き)
カーセンサー(掲載数:20台):239.0万円~388.0万円(車両本体価格のみ)
Goo-net(掲載数:27台):239.0万円〜399.9万円(車両本体価格のみ)


以上、2018年度3回目の調査を行いました。いよいよi-mievの在庫が少なくなってきたことが若干気になりました。日本のEV時代をけん引してきた車種の一つであり、i-mievが市場から消えていくのは、残念です。とはいえ、量産開始からもうすぐ10年(iが発表されてからは12年)が経過し、新車種が投入されたとは言え、そろそろ世代交代のフェーズに入り始めたと言えるのかもしれませんね。

●参考ウェブサイト:
-H29年度電気自動車・プラグインハイブリッド車の補助金額(次世代自動車振興センター)

○GoGoEV関連コラム:
-【EV中古車】中古EVの価格調査(2018年7月2日調査)
-【EV中古車】中古EVの価格調査(2018年4月8日調査)
-【EV中古車】中古EVの価格調査(2018年1月8日調査)
-【EV中古車】中古EVの価格調査(2017年10月1日調査)
-【EV中古車】中古EVの価格調査(2017年7月2日調査)
-【EV中古車】中古EVの価格調査(2017年4月2日調査)
-【EV中古車】中古EVの価格調査(2017年1月5日調査)
-【EV中古車】中古EVの価格調査(2016年10月2日調査)
-【EV中古車】中古EVの価格調査(2016年6月30日調査)
-【EV中古車】中古EVの価格調査(2016年4月8日調査)
-【EV中古車】中古EVの価格調査(2015年12月27日調査)
-【EV中古車】中古EVの価格調査(2015年6月22日調査)

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿がまだありません

この記事にコメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインする

2018年11月19日

【トロリーバス】関電トンネルのトロリーバス 今月末で運行終了!

電気バス(EVバス)と聞くと、蓄電池を搭載して走行するタイプのバスを思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれませんが、電気モーターのみで駆動するバスにトロリーバス...

2018年11月12日

【未来のクルマ】スロバキアのベンチャー企業が開発する空飛ぶクルマ

東ヨーロッパのスロバキアの自動車ベンチャーAeromobil社をご存知でしょうか?およそ4年前のGoGoEVコラムで取り上げて以来、しばらくノーチェックだったのですが、久し...

2018年11月5日

MINI Crossover PHEVで、フォトジェニックな大人ドライブへ!

2017年に発売されたMINI Crossover PHEV。 32時間試乗キャンペーンを実施していたので、応募したところ当選。32時間試乗した様子を、レポートいたします! MINI Crosso...

2018年10月29日

【EV・充電インフラ】H31年度・EVおよび充電インフラに関する政府予算案

10月28日(土)付の日本経済新聞一面で、既存充電スタンドに対する「増設」が補助金対象になるとの記事が出ました。電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド車(PHEV...

2018年10月22日

【EV】日産が開発中SUVタイプ電気自動車の価格は45,000ドル!?

電気自動車(EV)の世界にも、じわりとSUV化の波が来ているかもしれません。EVではありませんが、三菱自動車の販売するプラグインハイブリッド車(PHEV)である「アウト...

2018年10月15日

【EV/PHEV】2021年のEV向けバッテリー市場:韓国メーカーが優勢な予測結果

電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHEV)のコア技術の1つにバッテリー技術が挙げられます。バッテリーは、航続距離、充電、出力等の車の性能だけでなく、E...

2018年10月9日

【EV中古車】中古EVの価格調査(2018年10月8日調査)

2018年もいよいよ秋に入りましたが、このところ、台風や集中豪雨、また大地震など、自然災害に数多く見舞われています。被災されました皆様にお見舞い申し上げます。今...

2018年10月5日

【EV】ジャガー初の電気自動車「I-PACE」をテスラ「Model X」と比較する

今年3月に欧州で受注を開始したジャガー初の電気自動車「I-PACE」ですが、先月26日より日本でも受注が始まりました。欧州では既に7月より納車が始まっており、当初の予...

2018年9月24日

【充電スタンド】フェリーの充電スタンド一覧(2018年9月24日更新)

秋は連休が多い季節です。10月、11月にも土日を含んだ連休があり、これから、どこかへ行かれることを企画されていらっしゃる方も多いかもしれません。 とりわけ電気自動...

2018年9月17日

【EVトラック】VOLVOトラック社が軒並みEVトラックを発表!

昨年2017年頃より、世界各国のトラックメーカーが相次いでEVトラックに関するプレスリリースを行っています。米国テスラは「semi」を発表し実証試験を進めており、また...

EV関連コラム一覧