【EV】2017-2018シーズンのフォーミュラEが終了!チーム優勝はAUDI

掲載日:2018年8月6日

先月の7月15日、米国ニューヨークでダブルヘッダーで行われたFormula E(フォーミュラE)の第11戦・第12戦により、フォーミュラEは2017-2018のシーズンが終了しました。およそ8ヵ月に亘って世界中で全12戦が繰り広げられ、栄えあるドライバーズチャンピオン(最高得点者)には、テチーター(中国)のジャン=エリック・ベルニュ(フランス出身)が、また、チームチャンピオンには、アウディ・スポーツ・アプト・シェフラー(ドイツ)が輝きました。


▲「テチーター」のジャン=エリック・ベルニュ(出典:FIA フォーミュラE Webサイト)


▲「アウディ・スポーツ・アプト・シェフラー」のルーカス・ディ・グラッシ(出典:FIA フォーミュラE Webサイト)

皆様の中にも、フォーミュラEのレースを見たことがないという方もいらっしゃると思いますので、2017-2018の最終戦の様子をYoutubeでご覧ください。


最終戦はニューヨークに設置された特設コースで行われたのですが、フォーミュラEの特徴は、殆どのレースが市街地で行われることです。F1ではモナコグランプリなどが有名ですが、フォーミュラEの場合、第5戦のメキシコEプリ以外は市街地で行われたことから、接触なども多くとても迫力を感じます。同時に、とても狭いカーブが多いため、手に汗握る死闘が繰り広げられています。

▲香港Eプリにおけるオンボードカメラからの画像(出典:FIA フォーミュラE Webサイト)


▲ニューヨークEプリの第一コーナー(出典:FIA フォーミュラE Webサイト)

また、電気自動車(EV)ユーザーにとって興味深いのは、フォーミュラEは電池残量表示が行われ、ピットストップや加減速などのコントロールが重要になります。(上記Youtube動画では、3分30秒頃に、残量が1%や2%となっているのをご覧ください。)
さらに「Fan boost」と呼ばれる仕組みが導入されており、SNSによる人気投票上位3名のドライバーには、レース中1回だけ最大20kW(2017-2018シーズンは、決勝戦の最大出力は180kW)の出力増加が認められます。これをうまく使えば、直線で他の自動車を一気に抜き去ることなども可能になります。

レースのルールで特徴的なのは、バッテリーの容量不足によってピットストップ時に1回の自動車の乗り換えが必要でした。しかし、2018-2019シーズンからはマクラーレン・アプライド・テクノロジーズが容量を大幅に増加させたバッテリーを提供するとのことで、乗り換えがなくなる可能性があるとみられています。

さらに、決勝戦の最大出力は今シーズンのファンブースト出力200kWに引き上げられ、さらに、ファンブーストは250kWになるとの話もありますさらに、フォーミュラEでは、ファステストラップ(最も早いスピードで走ったドライバー)に対して2ポイントが与えられるルールがありました。これにより、電欠の可能性があるドライバーは、完走をあきらめ、ファステストラップ狙いという現象がかつては見られましたが、2018-2019シーズンからは、最も省エネで走ったドライバーがそのポイントを獲得できるように改められるようです。

なお、2017-2018シーズンに参加したチームは以下になります。
 ・アウディ・スポーツ・アプト・シェフラー(ドイツ)
 ・テチーター(中国)
 ・DSヴァージンレーシング(英国)
 ・マヒンドラレーシング(インド)
 ・ルノーeDams(フランス)
 ・パナソニック・ジャガー・レーシング(英国)
 ・ベンチュリフォーミュラ(モナコ)
 ・NIO・フォーミュラEチーム(英国)
 ・ドラゴン・レーシング(米国)
 ・MS&AD・アンドレッティ・フォーミュラE(米国)

これらを見ると、2016-2017シーズンに参戦していたNEXT EVやファラデーフューチャーなど、中国のEVベンチャーが姿を消していることも興味深いところです。一方で、中国からはスポーツマーケティング・マネージメント会社のSECAワールドワイドという会社が2016-2017にスーパーアグリを買収して参入しており、わずか2年でチーム優勝を争うまでになってきています。

2018-2019シーズンではルノーが撤退し、その代わりに日産NISMOが参入するとのこと。2017-2018シーズンは日本人ドライバーとして小林可夢偉選手がスポット参戦しましたが、また、新たにハンドルを握る日本人ドライバーが出ることも期待したいところです。

EVの限界に挑戦するモータースポーツ「フォーミュラE」を、GoGoEVとしても応援したいと思います!

●参考ウェブサイト:
-【EV】3シーズン目を迎えたフォーミュラE(2017年3月6日付GoGoEVコラム)
-フォーミュラE:2018-2019シーズンの開催スケジュールを発表
-FIA Formula E

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿がまだありません

この記事にコメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインする

2019年3月18日

【EV/PHEV】電気自動車・プラグインハイブリッド車の国別・メーカー別比較(2018年)

前々回のGoGoEVコラムでは、2018年の電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド車(PHEV)の世界販売について、車種別ランキングを掲載しました。それに続き、本日のコ...

2019年3月11日

【EV】ジュネーブモーターショーで公開された「Honda e」プロトタイプほか

今月5日、Hondaは、スイスジュネーブで行われているジュネーブ国際モーターショーで、今年秋に欧州で発売予定の新型電気自動車(EV)「Honda e」のプロトタイプを発表し...

2019年2月25日

【EV/PHEV】2018年に売れた世界の電気自動車ランキング

電気自動車(EV)およびプラグインハイブリッド車(PHEV)の2018年の販売データなどが一通り出揃い、昨年一年間の販売状況が見えてきました。EV・PHEVなど、充電が可能...

2019年2月18日

【EV】「こういうアイデア面白いなぁ」と思う電気自動車の充電方式5選

電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド車(PHEV)の充電を行う際、それらの電気がどのように作られているか、それほど強く意識することはないかも知れません。しか...

2019年2月11日

【EV】HONDAが今年発売予定のEV試作車を3月に公開

先月23日、HONDAは今年3月にスイス・ジュネーブで行われるモーターショーで、2017年にフランクフルトモーターショーおよび東京モーターショーで公開した電気自動車(EV...

2019年2月4日

【EV/PHEV】電気自動車・プラグインハイブリッド車の普及状況(2018年12月時点推定)

電気自動車(EV)ならびにプラグインハイブリッド車(PHEV)等の次世代自動車や、充電スタンドへの補助施策を実施する(一社)次世代自動車振興センターでは、EV・PHEV...

2019年1月28日

【EV・PHEV】2019年に新たに発売が予想される電気自動車

2018年に電気自動車(EV)および、プラグインハイブリッド車(PHEV)の累計保有台数は20万台(推定)を超えました。ここ数年、ほぼ毎年のように新たな車種が各社から投...

2019年1月14日

【GoGoEV】GoGoEVコラム総集編~2018年、皆様によく読まれた記事〜

2019年もあっという間に2週間が過ぎ、成人の日を迎えました。エンジンがいよいよかかり始めたという方もいらっしゃるかもしれません。今年は暖冬と言われていますが、イ...

2019年1月7日

【EV中古車】中古EVの価格調査(2019年1月7日調査)

明けましておめでとうございます。GoGoEVコラムをいつもご覧下さり有難うございます。 さて、GoGoEVでは電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHEV)の中古車...

2019年1月1日

2019年 新年のご挨拶

新年、明けましておめでとうございます。 2018年も電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド車(PHEV)ユーザーの皆様、また、関係者の皆様には、GoGoEVをお支え頂き...

EV関連コラム一覧