【東京モーターショー2017】三菱ふそう・トラックバスが提案する電動自動車

掲載日:2017年12月22日

東京モーターショーに出展された展示車両が日本各地をまわっています。先月23日(祝・木)から26日(日)には名古屋で、今月8日(金)から11日(月)までは大阪で、先週15日(金)から本日18日(月)は福岡にて地区モーターショーが行われました。今後、2018年1月19日(金)から21日(日)は札幌で、2018年2月10日(土)から12日(月)は仙台で行われる予定です。

GoGoEVコラムでは、それら地区モーターショーでも展示予定の、東京モーターショー2017において展示された電動自動車(電気自動車、プラグインハイブリッド車、燃料電池自動車)を、各社ごとについてラップアップしてきました。
これまで13回にわたって、一社ずつ取り上げました。第一回はトヨタ自動車、第二回はHONDA、第三回は日産自動車、第四回は三菱自動車、第五回はダイハツ、第六回はSUZUKI、第七回は独メルセデスベンツおよびSMART、第七回はフォルクスワーゲン、第八回はAUDI、第九回はポルシェ、第十回はBMW、第十一回目はVOLVO、第十二回目はいすゞ自動車、第十三回目は日野自動車を見てきました。

前々回よりトラック、バスなどの大型車メーカーについて取り上げてきましたが、東京モーターショーシリーズ最終回の今回は、大型車の中でも一際、電動化に力を入れている、三菱ふそう・トラックバスの取り組みについてご紹介します。

●GoGoEV関連コラム
-【東京モーターショー2017】コンセプトカーから、東京モーターショー2017を読み解く(2017.11.03付)
-【東京モーターショー2017】トヨタ自動車が提案する電動自動車(2017.11.11付)
-【東京モーターショー2017】HONDAが提案する電動自動車(2017.11.14付)
-【東京モーターショー2017】日産自動車が提案する電動自動車(2017.11.17付)
-【東京モーターショー2017】三菱自動車が提案する電動自動車(2017.11.20付)
-【東京モーターショー2017】ダイハツが提案する電動自動車(2017.11.22付)
-【東京モーターショー2017】SUZUKIが提案する電動自動車(2017.11.24付)
-【東京モーターショー2017】メルセデスベンツ・SMARTが提案する電動自動車(2017.11.27付)
-【東京モーターショー2017】フォルクスワーゲンが提案する電動自動車(2017.12.01付)
-【東京モーターショー2017】AUDIが提案する電動自動車(2017.12.04付)
-【東京モーターショー2017】ポルシェが提案する電動自動車(2017.12.08付)
-【東京モーターショー2017】BMWが提案する電動自動車(2017.12.11付)
-【東京モーターショー2017】VOLVOが提案する電動自動車(2017.12.13付)
-【東京モーターショー2017】いすゞ自動車が提案する電動自動車(2017.12.15付)
-【東京モーターショー2017】日野自動車が提案する電動自動車(2017.12.18付)

三菱ふそう・トラックバスは元々、三菱自動車の大型部門でした。2000年に発生したリコール隠しの影響から2003年に分社化、その後、ダイムラーグループの出資を受け、現在は独ダイムラーの連結子会社となっています。なお、グループ内の位置づけとしては、アジア展開ブランドとしての位置づけとなっています。

ところで、三菱ふそう・トラックバスはこれまで、電動自動車への取り組みはそれほど強く行われていませんでした。しかし、今年に入り急速に開発および実証を進め、10月にはセブンイレブンジャパンおよびヤマト運輸に販売した100%電気トラックの納車を開始するなど、ここにきて取り組みが加速しているように思われます。

東京モーターショーにおいてもその流れを強く感じるもので、大型車を製造販売する他社と比べても、その意気込みが全く違うと感じました。以下、同社が提案する電動自動車についてご紹介します。

Vision One


三菱ふそう・トラックバスのブースにおいて、最も大きく展示されたのがコンセプトモデル「Vision One」でした。大型トラックにも関わらず100%電気トラックを目指し、排ガスゼロ・騒音ゼロを目指すと謳っています。また、同社がこのコンセプトモデルを出した背景には、電気商用車においてトップランナーを目指すとの強い意志がありました。

一般的に、電気自動車は重量および航続距離の観点から大型車には向かないと言われます。そのため、ハイブリッド技術でさえ燃費向上に寄与しにくく、ゼロエミッションを目指すには出力と航続距離の両面から燃料電池を使うことが考えられているように思います。それに対し、Vision Oneは航続距離350km、出力300kWで大型車クラスの開発を進めているとのことであり、商品化において経済性も成立させながら技術的にどのように成立させるのか、気になるところです。

とは言え、このような新たなコンセプトを提案し、大型車の電動化を目指すという姿勢に共感を覚え、今後、具体的になってくることを期待したいと思います。なお、担当者によると、4~5年後を目安に市場投入を想定しているとのことであり、今後の展開を見守りたいと思います。

▲Vision One

eCanter


先日のGoGoEVコラム(【EVトラック】三菱ふそう・トラックバス「eCanter」が発進(2017年10月23日付))でも取り上げましたが、eCanterは世界で初めて量産体制に入った電気トラックです。既に、セブンイレブンとヤマト運輸では使用が始まっており、徐々に国内外で採用が進むことが想定されます。
スペックとしては135kWの出力に対して82.8kWhの電池を搭載、100kmの航続が可能です。また、充電はCHAdeMO急速充電ならびに200V普通充電に対応、商用車の使い方からほぼ決まったルートの運行と多頻度充電を想定した設計となっています。また、展示車両では補助充電用ソーラーパネルなども設置されていました。

▲eCanter

幸運なことに、東京モーターショーでは直接、eCanterなどの開発担当者のお話も伺う事ができたのですが、Vision Oneではない、eCanterに続く電気トラックの開発も進められているとのことです。同社が何故、ここにきて急に電動化に乗り出したかという点については、大きく2つの理由があるそうで、一つは、独ダイムラーからの指示、もう一つは他社に対して後塵を拝してきた事に対する技術陣の奮闘、との事です。

前者については、今回の東京モーターショーでも、メルセデスEQやSMARTなど、ダイムラーは電動化を強く進めていることが伝わってきましたが、それらドイツで使われている電池技術などの供与を受けたことで、三菱ふそう・トラックバスの開発が現実的になってきた面です。
後者については、日本の商用車部門における先進技術開発の取り組みが、これまで、いすゞ自動車や日野自動車が先行していたことに対し、他社と伍して戦えるような商品を市場に出したいとの想いがあったそうです。

自動車の電動化は世界の潮流として今後、徐々に強まっていくことは間違いないでしょう。そのような中、三菱ふそう・トラックバスが進める取り組みは、注目を集めると思います。大型車・商用車の電動化はまだまだ技術開発要素が多く、課題も多いでしょうが、今後、より積極的な取り組みに期待したいと思います。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿がまだありません

この記事にコメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインする

2019年1月14日

【GoGoEV】GoGoEVコラム総集編~2018年、皆様によく読まれた記事〜

2019年もあっという間に2週間が過ぎ、成人の日を迎えました。エンジンがいよいよかかり始めたという方もいらっしゃるかもしれません。今年は暖冬と言われていますが、イ...

2019年1月7日

【EV中古車】中古EVの価格調査(2019年1月7日調査)

明けましておめでとうございます。GoGoEVコラムをいつもご覧下さり有難うございます。 さて、GoGoEVでは電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHEV)の中古車...

2019年1月1日

2019年 新年のご挨拶

新年、明けましておめでとうございます。 2018年も電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド車(PHEV)ユーザーの皆様、また、関係者の皆様には、GoGoEVをお支え頂き...

2018年12月31日

【充電スタンド】2018年の充電スタンド設置状況を振り返る

2018年も今日で最後となりました。ここ2年ほど、充電スタンドの登録数の増加状況も落ち着いている状況が続いていますが、それでもなお、微増となっています。本年最後の...

2018年12月24日

【EV】いよいよLEXUSからもEV発売!?

今月11日、トヨタ自動車が、欧州各国の知的財産権を扱う部署に対し「Lexus UX300e」もしくは「UX300e」という商標を申請し、一部登録されたことがわかりました。既に、...

2018年12月17日

【充電スタンド】2018年版・都道府県別充電スタンドランキング

GoGoEVでは登録されている充電スタンドについて、都道府県別での表示も行っています。200V普通充電スタンドおよびCHAdeMO充電スタンドを合わせた数は、東京都が最も多く...

2018年12月3日

【EV向け電気】CO2フリー電気ってどういうこと?

先月15日、中部電力、トヨタ自動車、トヨタオートモールクリエイト、野村総合研究所は共同で、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHEV)向けに、CO2フリー電...

2018年11月26日

【EVバス】乗用車向けパワートレインを活用したEVバス

電気自動車(EV)の特徴の一つに、パワートレインのモジュール化に対する適合性が挙げられます。モジュール化とは、製品設計などの考え方の一つで、互換性の高いモジュ...

2018年11月19日

【トロリーバス】関電トンネルのトロリーバス 今月末で運行終了!

電気バス(EVバス)と聞くと、蓄電池を搭載して走行するタイプのバスを思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれませんが、電気モーターのみで駆動するバスにトロリーバス...

2018年11月12日

【未来のクルマ】スロバキアのベンチャー企業が開発する空飛ぶクルマ

東ヨーロッパのスロバキアの自動車ベンチャーAeromobil社をご存知でしょうか?およそ4年前のGoGoEVコラムで取り上げて以来、しばらくノーチェックだったのですが、久し...

EV関連コラム一覧