【補助金】次世代自動車普及のための補助金ってどんなのがあるの?

掲載日:2015年3月17日

電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHEV)、水素燃料電池自動車(FCV)普及のために経済産業省をはじめ、環境省、国土交通省、また自治体は様々な補助施策を行っています。今日のコラムではそれらについて、主なものについて纏めてみました。

(1)経済産業省補助金(自動車向け)
【名称】 「クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助事業(略称:CEV補助金)」

この補助金は、EV、PHEV、FCV、また、クリーンディーゼルを購入する場合に適用される補助金で、補助金額も202万円(トヨタMIRAI)~3万円(筑水キャニコム おでかけですカー)と幅があります。
補助金は、車両を購入ないしはリースした後、経済産業省管轄の外郭団体である一般財団法人次世代自動車振興センター(NEV)に申請し、後から振り込まれる形式となります。

これまでの補助金の推移を平成20年度より纏めました。日本で量産型EVが発売され、普及が始まったのが平成21年度の三菱i-mievの発売後であり、それ以降、補助金が拡大していることがわかります。

【補助額の推移】
 ・平成20年度:19億円
 ・平成21年度:49億円
 ・平成22年度:124億円
 ・平成23年度:283億円(含:インフラ整備費用)
 ・平成24年度:292億円(含:インフラ整備費用)
 ・平成25年度:300億円
 ・平成26年度:300億円
 ・平成26年度補正:100億円
 ・平成27年度:200億円

(2)経済産業省補助金(充電インフラ向け)
【名称】 「次世代自動車充電インフラ整備促進事業(略称:充電インフラ補助金)」

この補助金事業はEVならびにPHEV向け充電インフラの整備のみに充てられる補助事業であり、平成24年度の補正予算で1005億円が計上されました。それまでは上記、「クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助事業」の中でインフラへの補助が行われていましたが、この補助事業が出来た後は、インフラの整備が加速します。

来年度予算において追加で300億円が計上され、更に充電インフラの拡大が期待されます。

【補助額の推移】
 ・平成24年度補正:1,005億円(平成26年度まで継続)
 ・平成27年度:300億円

(3)経済産業省補助金(水素インフラ向け)
【名称】 「燃料電池自動車用水素供給設備設置補助事業(略称:水素供給設備補助金)」

この補助金はFCV向け水素ステーションの建設のために導入された補助金であり、当初は中規模水素ステーション(300Nm3-H2/h以上)で1ヶ所あたり1.9億円~2.5億円、小規模水素ステーション(100~300Nm3-H2/h)で1ヶ所あたり1.3億円~1.6億円の規模で設定されました。
しかし、その後平成26年度には1ヶ所あたりの補助額も増額されると共に、水素製造設備などにも補助が出ることになりました。

現在、オリンピックに向け、水素エネルギーを導入する動きが活発化しており、今後も水素インフラ向け補助金は増加するとみられます。

【補助額の推移】
 ・平成25年度:46億円
 ・平成26年度:72億円
 ・平成26年度補正:96億円

(4)国土交通省実証事業
【名称】 「下水道革新的技術実証事業(略称:B-DASH プロジェクト)」

この事業は、国土交通省が下水道事業におけるコスト縮減や再生可能エネルギー創出の実現などを狙って実施している事業であり、平成26年度は「下水汚泥から水素を創出する創エネ技術」という項目が設定されました。どちらかと言うと技術開発要素の強い事業ですが、水素ステーションをつくるという点では研究開発であると言い切ることも難しいと思います。
今後、下水道などから水素を安価で発生させられると、FCVにとってもメリットが大きいと思われます。

【実証額】
 ・平成26年度:14億円

(5)自治体による電気自動車導入補助事業
【一例】東京都:分散型電源として活用可能な次世代自動車の普及促進事業

多くの自治体が独自にEVやPHEVの補助事業を設定していますが、例えば東京の場合は、EV・PHEVを分散型電源として活用することが可能な自動車に対して補助が行われます。すなわち、最低限の電力を賄うことのできる機能がメーカー標準装備またはオプションとして設定され、例えば、非常時などにおいて活用できることが条件のようです。

補助金の設定条件に付いては各自治体の事情や考え方に違いがありますが、国の補助金と併用できる場合が殆どであり、是非有効に活用したいところです。

以上のように、現在、国や地方自治体が提供している次世代自動車普及のための補助金について纏めてみました。種類はとてもたくさんあり、全てご紹介することはできませんでしたが、気になるものがありましたら、以下参考ウェブサイトなどを見てみてください。

●参考ウェブサイト:
-導入支援制度一覧(環境省)
-次世代自動車振興センター
-電気自動車及びpHV自動車購入補助金申請の概要(東京都)
-下水道革新的技術実証研究(国土交通省)

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿がまだありません

この記事にコメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインする

2021年2月5日

プレゼント発送のお知らせ - GoGoEV Member Award 2020 -

GoGoEV Member Award 2020を受賞された皆さまに、賞品発送のお知らせです! 本日 2月5日、Member Awardを受賞された方に向けて、賞品となるプレゼントを発送完了いたし...

2021年1月7日

GoGoEV Member Award 2020 発表!~ 皆さまの投稿にありがとう! ~

こんにちは。 GoGoEV事務局です。 昨年 2020年もGoGoEVメンバーの皆さまから、たくさんの口コミ投稿や写真投稿をいただきました。ありがとうございます! 今年も、ご...

2021年1月1日

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。 昨年は、たくさんの方に電気自動車(EV)充電スタンド情報サイト GoGoEVにご参加いただきまして、誠にありがとうございました...

2020年12月29日

【GoGoEV事務局】年末年始休業のお知らせ

いつも 電気自動車(EV)充電スタンド情報サイト GoGoEV にご参加いただき、ありがとうございます。 GoGoEV事務局は、2020年12月30日(水) ~ 2021年1月3日(日)まで...

2020年7月22日

【モニター募集】いよいよ8月1日開始!名古屋4店舗で電気自動車【謝礼あり 15,000ポイント!】実証試験!

8月1日(土)開始! 名古屋でEV・PHEVの実証試験を4店舗同時開催! EV・PHEVの新しい活用方法を体験して、15,000円相当のポイントがもらえる「caecco(カエッコ)」実...

2020年7月22日

【7月末まで!参加者全員プレゼント】EV発売から10年!実際にEVに乗ってみてどうだった? -日産「LEAF」&三菱「i-MiEV」編-

2020年は、EVが一般向けに発売されて、ちょうど10年! 10年前。 車の新しい未来に、ワクワクした気持ちで期待に胸が膨らんだ方も多かったのではないでしょうか。 この...

2020年4月1日

電気自動車の電気をお店へ供給!caeccoしてみました!!

東京都世田谷区にあるスーパー「ライフ 桜新町店」で行っている実証試験「caecco(カエッコ)」に参加してきました! 本日は、実際に「caecco(カエッコ)」に参加した...

2020年3月23日

【モニター募集】名古屋4店舗で謝礼付き実証試験!電気自動車の新しい体験しませんか!?

今度は名古屋で4店舗同時開催! EV・PHEVの新しい活用方法を体験して、15,000円相当のポイントがもらえる「caecco(カエッコ)」実証試験のモニターを募集します。 <im...

2020年3月13日

GoGoEVリニューアル!リニューアルのポイントをご紹介

こんにちは。 GoGoEV事務局です。 GoGoEVが、デザインも含めてリニューアルを行いましたが、皆さんもう見慣れて、使い慣れていただきましたか? 本日は、GoGoEVリニュ...

2020年2月21日

三菱ディーラーに聞く!災害をきっかけに、PHEVを購入検討する人の意識は変わったのか!?

こんにちは。 GoGoEV事務局です。 最近は、日本各地で災害が発生しており、その際に起こる停電も大きな問題となっていますね。 2018年には北海道胆振東部地震で、北海...

EV関連コラム一覧